ニュートンとゲーテ~物理学者と文学者が導き出した色の科学~ ニュートンとゲーテ~物理学者と文学者が導き出した色の科学~

2014/01/15 に公開
視聴回数 3,230,366
0
0
2004年 44分

 「色とは何か-」。かつて全く異なる分野で活躍した二人の人物がこの問題に取り組み、研究成果を世に残しました。物理学者で近代科学の父として知られるアイザック・ニュートン、そして詩人で世界的文豪の一人、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテという二人の世界的な巨星でした。ニュートンは、光から導きだされる色を客観的に捉え体系化し、『光学』という書にまとめました。反してゲーテは、自らの目に映る色が心身にどのような働きを及ぼすのかを主観的に捉え、『色彩論』を記しました。全く異なる立場から生まれた色の理論は、今なお"現代色彩学"の礎とされ、その二人の研究からは、客観的データと主観的洞察が必要とされる-現代科学技術のあるべき姿が浮かびあがります。

受賞作品
ドキュメンタリー
人物

倉田 純一(助教授) 関西大学工学部 玉村 咏(染色家) そめこうげい攸(京都西陣) マーガレット・ウィン ナショナルトラスト(イギリス) ボランティア マウル・ジーセラ ゲーテ国立博物館 学芸員 関西大学工学部