#370『シャリアピンステーキ』赤身の牛肉を楽しむ!|シェフ三國の簡単レシピ

視聴回数 323,199
0
0
東京・四ツ谷にあるフランス料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三によるレシピをご紹介しています。

シャリアピンステーキ
Bifteck à la chaliapin
【材料】2人前
牛肉(ランプ) 2枚
玉ねぎ 2個

無塩バター 20g + 10g
サラダ油 大さじ2

塩、胡椒 適量

クレソン 適量
フライドポテト 適量

【準備】
・牛肉は塩、胡椒で下味をする。
・玉ねぎは、1個はすりおろし、1個はみじん切りにする。
・フライドポテトを作る:https://youtu.be/wegntwB1zlw

【手順】
1.牛肉をすりおろした玉ねぎに漬ける。

2.漬けている間に、フライパンにバター(20g)を熱し、みじん切りの玉ねぎを色づくまで炒める。一度取り出す。

3.そのフライパンにサラダ油を熱し、(1)の牛肉の汁をはらって焼く。お皿に盛りつける。

4.そのフライパンにバター(10g)を熱し、(1)の残った玉ねぎと汁、(2)の玉ねぎを入れて、もう一度炒める。塩、胡椒で味をととのえる。お肉の上にたっぷりのせる。

◎ボナペティ〜!

【飲物】
ラ・フルール・ド・ブアール
フランス サンテミリオン

======================================

「オテル・ドゥ・ミクニ」

JAPONISÉE (ジャポニゼ)
ミクニの料理哲学、そしてエスプリ。

自然派「キュイジーヌ・ナチュレル」を一歩進めて、マ・キュイジーヌ「ジャポニゼ」へ。

「ジャポニゼ」とは、完璧なまでにフランス伝統料理を理解した上で、
フランス料理人しか表現できない料理のエスプリと哲学を完璧に日本化し、表現すること。

その証として、三國清三はフランス共和国からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを、
フランソワ・ラブレー大学から名誉博士号を授与されました。

前者は日本の料理人として初の、後者は世界で4人の料理人のみの栄誉であり、
オテル・ドゥ・ミクニの誇りです。

ミクニの料理哲学とエスプリ、「ジャポニゼ」をご堪能ください。


▼Webサイトはこちら
https://oui-mikuni.co.jp/

▼レストランのご予約はインターネットからも承っております!
https://www.tablecheck.com/shops/hotel-de-mikuni/reserve
(※おすすめは「シェフおもてなし特典付きプラン」です!)

▼Instagramはこちら
https://www.instagram.com/hoteldemikuni/
作ったお料理をPostする際はタグ付けしていただくと、シェフも拝見できます!

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/HotelDeMikuni.Tokyo/