【ノーカット】ソフトバンクG、3兆円赤字  株安響き、国内企業で過去最大 コストダウンへ人員削減

視聴回数 236,302
0
0
ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2022年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が3兆1627億円の赤字(前年同期は7615億円の黒字)に転落した。世界的なインフレや景気後退懸念を背景とした株価下落が響き、投資先企業の価値が大幅に減少。大手証券によると、赤字額は国内上場企業の四半期決算として過去最大となった。
純損益の赤字は、2兆1006億円を計上した22年1~3月期に続き2四半期連続。孫正義会長兼社長は東京都内で開いた決算説明会で「しっかりと反省し、戒めとして覚えておきたい」と語った。同社は人員削減も含めた大幅なコストダウンに取り組む。【時事通信映像センター】

#ソフトバンク #孫正義 #SBG

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp